No.6 小早川

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは!ももたんです(*´ω`*)

今日はけんびるーずのみんなでOink Gamesより発売中の「小早川」をPLAYしてみました。

小早川はプレイヤーの手札の数値比べをするゲームです。
ルールはシンプルで簡単。
ただ厄介なのは、山札の横にめくられた一枚の「小早川」。
この「小早川」が勝敗を大きく左右することに…。

PLAY人数は3~6人です。

それでは早速やってみましょう!

 

①ゲームの準備
◯全員にメダルを4枚ずつ配り、テーブルの中央に誰のものでもないメダルを8枚おきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

独特なデザインの数字がオシャレです(*^^*)

 

◯カードをよくまぜ、全員に一枚ずつ配ります。
配られたカードを他の人に見せないように、自分だけで数字を確認します。
残ったカードは束のままテーブル中央に伏せ、山札とします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私のカードは10でした。なんとも微妙な数字…。

 

◯次に、山札から1枚を表にしてその横に置きます。
このカードを「小早川」と呼びます。小早川は、勝負に挑んだカードの中で最も小さい数字に味方する特別なカードです(`・ω・´)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタート時の小早川は2でした。2が仲間になっても…

 

ここまでが準備フェーズになります。
一番年下の人がスタートプレイヤーとなり、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。

 

②行動
プレイヤーは下記の1,2のどちらかの行動を一回だけ必ず行います。

1 山札から1枚カードを引き、自分だけで確認します。
手元にあったカードと比べていらない方を、自分の前に『表にして』捨てます。

2 山札から1枚新しい小早川として、すでに表になっている小早川の上に重ねます。
カードは自分だけで確認せず、はじめから全員に表にして提示します。

今回じゃんけんでスタートプレイヤーを決めました!
若い順だと年齢バレちゃうし|д゚)チラッ
ってなことで、ViViちゃんよりゲームスタート!

 

☆早速小早川をぬりかえました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小早川ッと言いながらめくると気合が入ります!

 

社長は手札交換。4を捨てています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小早川を味方につけない戦法なのかッ

 

こちらも手札交換。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

意外と大きめの数字を捨てています。

 

私も手札交換にしました。
最弱の数字になって勝負に挑んだとしても、小早川が3なので味方になってもらっても勝ち目はないですね(^_^;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5+3で8。それなら10の方がマシだッ。

 

③挑むかどうか
◯手番2週目は、手持ちのカードで勝負するかしないかを順番に宣言していきます。
勝負する場合は手元のメダルを1枚差し出して下さい。
勝負しない場合は、パスを宣言しメダルは差し出しません。

ももたんの手持ちカードは10で勝てる気がしなかったので今回はももたんのみパスしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は3人が挑んでいます。

 

この中で13が一番小さい数字なので、13に小早川が味方します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんな大きい数字での勝負((((;゚Д゚))))

 

13+3の16でケンビルの中の人の勝利です!
勝った人は、勝負に挑んだ人から差し出されたメダルをすべて自分のものにし、
さらにテーブルの中央にある誰のものでもないメダルを1枚自分のものにします。

 

④ラウンド終了
これで1ラウンド終了となります。カードを混ぜなおしてみんなに1枚ずつ配り終えたら新しいラウンドの始まりです。これを合計7ラウンド行います。
勝者が新しいラウンドのスタートプレイヤーです。途中でメダルがなくなった人はそこで脱落となります。

その後の勝負はダイジェストでお届けします!

 

同数は手番の早い人の勝ちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

13+2は15 まさかの同数!

 

おっとこれはいい勝負!小早川のおかげで11を出した人の勝利です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11+4で15 小早川さまさまです!

 

この勝負も小早川のおかげで9を出したケンビルの中の人の勝利!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9+5で14 これまた小早川大活躍!

 

⑤ゲーム終了
7ラウンドが終了すると、テーブル中央のメダルがすべてなくなります。
この時点でゲーム終了となり、持っているメダルの数が多い人から上位になります。
同点の場合は引き分けです。

今回ViViちゃん7枚 社長0枚(惜しくも脱落)ケンビルの中の人12枚 ももたん5枚で
ケンビルの中の人の勝利となりました!

☆感想☆

ルールは簡単ですが、奥が深いゲームですね。
小早川を更新するか、もしくは手札を交換するかをプレイヤーに選ばせることで運だけではない要素を織り交ぜ、なおかつ捨て札や小早川の更新履歴を見せることにより、ある程度他のプレイヤーが何をもっているのかの推理が出来る。
単純なようで、いろいろと選択を迫られます。プレイ時間自体は10分から15分程度で終わるので、空き時間にサクっとやってもいいかも。
でも息抜き・休憩が違うものへと進化を遂げてしまう可能性があるのはココだけの秘密です(*´ェ`*)

↓お帰りの際は是非ポチッとお願いします↓

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です